記事一覧

2灯ミニブルを修理する

 それなりに現場はあるものの、平日は比較的ヒマな閑散期です。このタイミングで器具を修理しましょう。

 LEDスポットの使用が増えてきましたが、現地照明ではPARや2灯ミニブルなどのオーダーも相変わらずです。
 シールドビーム球を使うこれらは丈夫で故障が少ない器具ですが、数年使えばケーブルなどに痛みが出ます。
 特に2灯ミニブルはケーブルの劣化による故障が増えてきました。この際ケーブルの総取り替えをします。

 2灯ミニブルの問題点はランプに接触するくらいの位置にケーブルが通ることです。通常のケーブルの耐熱温度は80度程度ですがランプの表面温度は120℃オーバーです。耐熱を考慮しないと短期間で被覆がボロボロになります。
 現場でイザって時に余計な手間を増やしたくないので、良い耐熱ケーブルがあればそれを使いたいかなと・・・。

 近所の電材屋さんから勧められたのが次の2品。

(株)福電 屈曲用耐熱電線 FEP-FRWR
 ・シース(外装被覆色):黒
 ・耐熱温度:200℃
 ・ネットでの実売価格:1.25SQx3C 1,980円/m
 ・堅さは一般的な2PNCT相当らしい

追記:上記のFEP-FRWRは受注生産らしく入手に少々問題があるらしいが、同等の性能でFFタフラという製品があるらしい。近所の電材屋で1,250円/mくらいでした。

二宮電線工業(株) シリコーンゴム絶縁キャブタイヤ電線 SRCT
 ・シース(外装被覆色):グレー
 ・耐熱温度:180℃
 ・ネットでの実売価格:1.25SQx3C 1,260円/m → 近所の電材屋で1,000円/mくらいでした。
 ・堅さは一般的なSVCT相当するらしいのでかなり柔らかい

 とても良いケーブルですが決して安価ではありません。悩むところですが、現場で不良が出て面倒な思いをすることを考えたら少し高くても良い物を使った方がいいかと。

 実用電流容量は1.25SQの3芯が150℃環境にて15.5A程度となります。今のケーブル(2CT)は耐熱を考慮して2.0SQを使っていると思いますが、使用条件を満たすなら細く軽くしたい。

 この他にも、

・シリコーンワニスガラス編組チューブ
 シースを剥いた内線に被せます。耐熱温度約180℃

・熱収縮チューブ(シリコン・耐熱・難燃)
 シースを剥いた内線や圧着端子のカシメ部に被せます。耐熱温度200℃

 なども使って厳重に組み直せばメンテフリーでしばらく使えるかと。

コメント一覧